日々の食生活


by cvpmidi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

へとへと

疲れてへとへと。
早く寝たい。

なぜだ?

昨日、梅シロップを訪問したら、なーんと、

白い泡が噴いていた!

ネットで調べたら、醗酵しているらしい。

確かに、言われてみればくさりかけの果実の匂いがする。

掟にしたがって、まだ8日目だっちゅうに、梅もまだしわが少ない30代だっちゅうに、

なべに砂糖ぐるみ振り移して、弱火にかけてひたすら灰汁とり。生クリームの三分立てみたい
な灰汁が、あとからあとから出てくる。

ひとしきり取り終えたら、あとは冷ましてビンに移す。

梅の果実は、ジャムにすべく、砂糖を足してコトコト煮ること一時間。
げっ、いつのまにかホーロー鍋の底が焦げてる!
こげを取り除き、種も取り出し、今、冷まし中。

梅シロップを氷水で割って味見に飲んでみた。

まずっ!!

梅の香りが吹っ飛んで、果実を煮た変なにおいだけ鼻につく。

一気につかれましたぞな。。。。

種子島洗糖2袋半、青梅2キロが・・・・・・

シロップの方が、かんたんで、早く飲めると思って作ったのに。

かき混ぜができていなかった。
梅が裸で外に出ていた。
気温が高かった。

作った時のレシピには、醗酵注意など何も書かれていなかった。

先にちゃんと調べておいたらよかった。
そしたら、泡なんて出さずに、おいしいシロップが出来ていたのに。

くっそぉぉぉぉぉ
[PR]
# by cvpmidi | 2008-06-19 22:00

様子を窺いに

先日仕込んだ、レモン酒と梅シロップの様子を見てみた。
まだ3日しかたってないけど。
そしたら、梅シロップの底の方の砂糖が溶け出していた。
レモン酒の方は、ちょいと味見してみようかと思ったけど
さすがにまだね、飲めないだろうと思って、臭いだけかいでみた。
レモンの皮の苦い香りがした。
皮はいつまでも入れておくと苦味が出るので、2週間くらいで引き上げると
書いてあるレシピもあるけど、うちのは、丸ごとレモンを放り込んで漬け込むやつなので
・・・どうなんだろう・・苦いんだろうか?ちょっと心配。

我が家では、ここんとこずっとHBで早焼き食パンを毎日のように焼いてます。
クオカで5キロの粉を取り寄せてたんだけど、あっという間になくなって、
今日は薄力粉で焼いたら・・・これが膨らまないんですな。
3ぶんの2くらいにしか膨らまなくて、食べてみるとまあ味はいけるんだけど、
マフィンとかみたいに身が詰まってる感じ。
仕方ない、これもありってことで。
うちの犬が、このパンが大好物で、ものすごい勢いで食べる。底なし状態。
お陰でドッグフードは全く食べなくなった。
栄養不足になるので、ささみとじゃがいもと人参をボイルしたものをあげたらよろこんで食べた。
[PR]
# by cvpmidi | 2008-06-14 16:22

久々に

今日の夕飯

 ツナとなめたけ、人参、しょうがの炊き込みご飯
 
   しょうゆ、酒、みりん

 きんぴらごぼう、合挽きミンチ入り
 
 短冊やまいも

 かぼちゃの煮物

 かき玉汁

  シメジ、ねぎ、卵

 
 はなまるテレビでみたレシピの炊き込みご飯、おいすぃぃです。


最近よく登場するのが、チキンカレー

カレーの壺チキン用と、市販のルー少しで作ります。

 トマト、しょうが、たまねぎ、ズッキーニ、ゴーヤ、茄子など、適当にあるもので。
 ささみや、むね肉を使います。
 夏野菜カレーです。ティッシュで、鼻をかんで、涙をふきながら食べるかっらーいカレー。
 我が家では人気があって、あっという間にひと鍋あいてしまいます。
 すぐにできるのがお気に入り。
[PR]
# by cvpmidi | 2008-06-12 22:00

梅シロップとレモン酒

今年は梅シロップとレモン酒を作りました。
たった今仕込んだところ。梅は半日冷凍したものを使います。
中のエキスが出やすいのだそうな。
レモン酒は、皮をむいて白わたをとった実を輪切りにしたものと、香り付けに皮を
いくらか入れたものが多く見受けられるけど、単に2つに切っただけにした。
仕上がりが楽しみ。梅酒と違って、わりと早くに飲めるみたい。
どんな味かなぁぁ。
ちょうど一年前に漬けた梅酒はまだ残っていて、今もお湯割りにして飲んでます。
びんを振るのを怠ったためか、最初の方はやたらアルコールがきつかったのに対して、
そこの方は、ただひたすら甘い。砂糖と焼酎がよく混ざっていなかったんだな。。


先日の講演会は盛会だった。
200名近くの人で会場が埋めつくされた。
私はお弁当を作った。
そしたら、講師の先生のブログにそのことが!
無茶苦茶いしくて、講演の活力が出た、とおっしゃってくれて!
わーい、4時間かけて作ったかいがあったよ。

ちなみに献立は、


おむすび
金しょう梅
シャケ
だし巻き卵
ひじきと豆の煮物
冷奴、ねぎ、かつをぶし、しょうが
トマトのバジルドレッシング和え
エビフライ
大学芋
小松菜のおひたし
きゅうりとわかめの酢の物、しょうが、しそ入り

これらすべて手作りなりよ。しかも無農薬、化学調味料不使用。

エコなので、使い捨てでなく、家の食器など、すべて持参して、会場についてから
盛り付けたのでとても忙しかった。
用意していたコーヒーもお出しできずに終わった。

本番前はばたばたするね
[PR]
# by cvpmidi | 2008-06-12 00:34

花見

二週間ほど前の日曜に花見をした。
毎年しているのだけど、一昨年は、春一番の吹き荒れる日で、昨年は小雨があって、
そして今年も予報では雨!だったのが、すごくよいお天気で暑いくらいだった。
翌日は大荒れの天候だったので、ほんとラッキーだったなぁと思う。
花見といっても、いつもキャンプ場でするので、桜を愛でるということはあんまりなくて、
ひたすら飲んで食べてって感じ。あ、そして焼いて。バーベキューをするので
ひたすら焼いてばかりなのだ。
今年の花見は本当に楽しかった。
夜はその流れで飲みに行って、大笑いしたのだった。
[PR]
# by cvpmidi | 2008-04-18 00:15

風邪

風邪をひいてしまった。
仕事も後半はお休みさせてもらった。
移すといけないので。
昨年の六月に漬けた梅酒、上等な焼酎に漬けたのが今ちょうど飲み頃。
お湯割りにしてあっつあつにして飲んでます。おいしい。。。

Lの封切は明日だというのに、私は何やっているんだろう。
セクロボの時の松ケンは、かなりぽっちゃりしていたけど、
果たして今回のLではちゃんと調整ができたのか?  
知らずにいれば、あれを演じているのが松ケンだとは気づかないだろう。
唯一のキャラクターを演じ、作り出したその感性はすごいと思う。
[PR]
# by cvpmidi | 2008-02-09 20:20

ひさびさに

ひさびさに日記などを。
といっても先月の話なのだけど。
松山ジャズフェスティバル
ジャズピアニストの方のお誘いで行ってきました。KEY STONE
栗田さんのピアノはとても素敵で、ため息がでるような。。
それと、ベースの高橋さん。なんというのか、魂が見える。
本当に見えるんです。すごいですよ。すごい演奏。熱い!
サックスが加わって、スウェーデンの作曲家のなんとかっていう曲が
とてもとてもよかったのです。曲名、忘れてしまったのだけど。
よかったという印象しか。
近かったら毎週入り浸ってるんだろうけど、そうもいかない。
[PR]
# by cvpmidi | 2008-02-08 22:22

ショックな出来事

最近たてつづけに起きた事です。
こたが、自分のうんちをおいしそうにむしゃむしゃ食べていました。
犬にはそんなにめずらしくもないことだそう、でも!
なんでなんでなんで~~~??
息子も私もショックで気分が悪くなりました。
うんこ食った口に、ちゅぅ~~~っなんてしてたんですから。
自分まで食べた気になって、気持ちわる~~ぺぺっ

ドッグフードに見向きもしなくなって、人間の食べるものを欲しがって、
でももらえない→ストレス→うんちをたべる

そういえばなんか元気もないし。
病院行った方がいいのかなぁ。。。
[PR]
# by cvpmidi | 2007-06-20 22:36

ひさびさに

まとめて曲をつくろうと思います。
今、ひらめきを待っているところ。
いったん気持ちのピントが合えば、あとは一気に進むのだけど、
今日はピントがまるで合わず・・
でもあせらないのだ。
きっとキャッチできる。そんな予感がします。
[PR]
# by cvpmidi | 2007-06-19 22:55

武久源造バロックの夕べ

 鍵盤音楽の領域

 左手が、AEEHDAを延々と繰り返す上にのせてくる印象的なメロディ
 なんて音楽空間!
 ルネサンス時代の曲。コジマ録音からCDが出ているらしい。

 グランフォーレにてチェンバロと弦楽器とフルートのコンサート。
 フルートは木でできている、昔のスタイルのもの。
 キーが無くて、穴。
 半音が難しいのだそう。
 でもとても澄んだやわらかい響きでよかった。

 語りもユニークで、声もやわらかいいい感じで、
 思っていたイメージとはちょっと違う武久さんでした。
 演奏がすばらしい!
 緊張の高まりがぐんぐん伝わってくるし、そのあとの弛緩がとても心地よく入る。
 合奏もよかった。

 楽器は以外とシンプル。装飾がない。若草色にペイントしてあるだけ。 
 でも、弦をはじくのは、プラスチックではなくて、ハゲタカの羽なんだそう。
 入手困難な貴重なものらしい。
 弦も人の手によって引き伸ばされたものなので、高級なのだとか。
 
 バッハの管弦楽組曲や、クープラン、パッヘルベルのカノンもよかった。
 
 あっという間のひととき。心に残るよいコンサートだった。
[PR]
# by cvpmidi | 2007-06-18 22:17